Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C758]

 僕もまだ縁のない世界だし、そもそも男性がしたり顔でコメントするのも何ですが……
 最近では少しでもリスクがあると判断されれば、帝王切開を勧められるケースが多いそうです。
 母体への負担も少ないし、赤ちゃん自身も安全に誕生できますから、気に病むことは無いと思いますよ。
 懸念事項は、胎盤・胎児の状態などで手術の難易度が変わるので、医師の腕によるところはありますが、こればかりは、医療上どの分野でも言えることでして。
 心配なのはごもっともですが、新しい命の誕生にwktkしましょ。
  • 2008-03-07
  • 投稿者 : リンク
  • URL
  • 編集

[C938]

>従者
wktkですね!わかります。

ちなみに妹いわく「メス」だそうで。
  • 2008-03-25
  • 投稿者 : 松平
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://euphorbia.blog15.fc2.com/tb.php/188-03942d76
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

なんぞや

 ピンジャラ?あれだろ?ドラ○もんの(ry

 ごきげんよう。

 今回はあくまで仮のお話ですよ!仮だからねー!!


□ 帝王切開 □

 帝王切開(ていおうせっかい、英Caesarean section、米Cesarean section)は、子宮切開によって胎児を取り出す手術方法である。
 日本語訳の「帝王切開」はドイツ語の「Kaiserschnitt」の翻訳が最初と言われ、ドイツ語の「Kaiser=皇帝」、「Schnitt=手術」よりの訳語である。 語源として現在もっとも有力な説は、古代ローマにおいて妊婦を埋葬する際に胎児をとり出す事を定めたLex Caesareaにあるとされている。
 さらに「Kaiserschnitt」の語源であるラテン語の「sectio caesarea」は「切る」と言う意味の単語二つが、重複している。これが各言語に翻訳されるにあたり、「caesarea」を本来の「切る」という意味ではなく、カエサルと勘違いしたのが誤訳の原因であるという説もある。



 で、

 ぶっちゃけ帝王切開って母子の生命に危険とかないのかしら?
 地味ーに心配な今日この頃。

 まあこれが嫁の心配とかではまったくないというのがなんともはや…
スポンサーサイト

2件のコメント

[C758]

 僕もまだ縁のない世界だし、そもそも男性がしたり顔でコメントするのも何ですが……
 最近では少しでもリスクがあると判断されれば、帝王切開を勧められるケースが多いそうです。
 母体への負担も少ないし、赤ちゃん自身も安全に誕生できますから、気に病むことは無いと思いますよ。
 懸念事項は、胎盤・胎児の状態などで手術の難易度が変わるので、医師の腕によるところはありますが、こればかりは、医療上どの分野でも言えることでして。
 心配なのはごもっともですが、新しい命の誕生にwktkしましょ。
  • 2008-03-07
  • 投稿者 : リンク
  • URL
  • 編集

[C938]

>従者
wktkですね!わかります。

ちなみに妹いわく「メス」だそうで。
  • 2008-03-25
  • 投稿者 : 松平
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://euphorbia.blog15.fc2.com/tb.php/188-03942d76
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

松平

  • Author:松平
  • 大航海時代Online:
    松平瞳子@能登イム
    (C)2005-2007 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
    DOL MEETS PANYA

BroGVList

Arcana

DOL Blog

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Recent articles

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。